ダイヤモンド買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でダイヤモンドが出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったダイヤモンドを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】ダイヤモンドを売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

ダイヤモンドはその変わらない輝きで人気の高い宝石です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

予定していたダイヤモンド以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\ダイヤモンドが高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【ダイヤモンド買取実績はこちら】
一昔前の結婚指輪、イエローダイヤモンド、ダイヤネックレス、鑑定書が無い、傷・汚れがある、ダイヤモンドルース、裸石、粒が小さい、カットやデザインが流行遅れ、メレダイヤ付きアクセサリー、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないダイヤモンドを処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているダイヤモンドなどがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

ダイヤモンド買取によくあるQ&A

今一番注目されているダイヤモンド買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いダイヤモンドが出てきました。ダイヤモンドの買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

ダイヤモンドを複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なダイヤモンドを売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるダイヤモンドは人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

ダイヤモンド買取の基礎知識コラム

もう使わなくなったブランド品を、買取業者に売却しようと考えたならその前に、買取業者のことについて、ネットの口コミで書かれている内容を見て「こういった感じなのかな」といった程度に雰囲気をつかんでおくといいかもしれません。

口コミを読むと、悪名の高くて利用を避けられているような業者が大体実名までわかったり、何かと理由をつけて査定額を安くしようとする傾向のあるお店とか他の業者と比較して明らかに買取価格が安くなっているところなど、様々な口コミ情報を集められます。

色々と参考にできますし、知っておいて悪いことはないでしょう。

ブランド品の買取業者を利用して、できるだけ得をしようとするなら売却前に少し知りたい点を調べてみることも大事ですので、損をしないために少し時間をかけましょう。

中古ブランド品を買取店で売却しようとするなら、用意しておく必要があるものと言えば名前、住所、年齢などが確認できる本人確認書類で、運転免許証などがこれに該当します。

本人確認書類が必要な理由としては、古物営業法という法律により、古物商であるブランド買取店は、商品を売却しようとする人の名前や住所などを確認しなければなりません。

ですからそれらが記載されている書類を提示することを要求されます。

運転免許証で用を済ませる人が多いですが、健康保険証やあるいはパスポート、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかく古物商として、お店としてはまず提示するよう求めてきますから忘れてしまうと、最悪の場合は出直すことになりかねませんので注意しましょう。

手持ちのブランド品のうち、この先使う予定のないものはありませんか。

そういった品物はブランド品を専門に扱う買取業者に買い取ってもらうのがおすすめなのですが、その際に役に立つそのためのコツというものがあります。

例えば、インターネットに繋ぐことで利用できる、一括査定というサービスを使いどこのお店で一番高くブランド品が売れるのかを知り、利用します。

一括査定サイトからは、簡単に何社かの買取業者に査定を申し込めます。

業者からそれぞれ査定額を提示されるので、こうして一番査定額の大きい買取業者を選ぶことができるのです。

それから、査定に出す前に品物はきれいにしておきます。

とはいえ、頑張りすぎると素材によってはキズかついてしまうこともあるでしょうから、そっとホコリ取りをし、乾いた柔らかいウエスで拭いてあげると良いでしょう。

ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、ちょっとしたベテランの空気をまとうようになった道具を、大事にしている人も大勢います。

しかしながら、そうした古い物を買取店で売って換金しようと考えるなら、それはあまりおすすめできません。

売ろうとしても十中八九、実際には古びた商品ですから査定価格は、元の値段からは想像もつかないほど安いものとなりますし、それどころか、そもそも査定もしてもらえないことだって最悪、あるわけです。

大事にケアしつつ使っていても、経年劣化は避けられませんので、元がとても高価な良品であっても、それを反映した値段がつくことはないでしょう。

そういうものだと知っておいてください。

好きで所持し続けているブランド品の数々も、いつのまにかまったく使われない不要の物も出てくるでしょう。

そういった品物を、勿体ないですから「売った方が得」と思う人は多いでしょう。

けれども、お店を利用とする際に変に急いで決めてしまってはいけません。

でないと思わぬ損をするかもしれません。

というのも、ブランド品の買い取りは店ごとに、意外と価格の差があるからです。

そんなこともあり、利用するお店は複数のところを比べてから決定する、というのが多少なりとも得になるのです。

ブルガリと言えば、もはや世界の宝飾品ブランドであり、ジュエリー、時計、香水、化粧品などと、数々の質の高い商品を次々と世間に送り出してくれています。

1884年、イタリアのローマにて、ソティリオ・ブルガリが創業し、長い歴史を経ていくうち、各国へ進出を果たしていき、とうとう、各国各地に直営店を持つ、世界有数の宝飾品ブランドとなったのです。

買取店においては、ブルガリの時計であれば、本体やバンドに少しくらい傷ついていても、高い値段で買い取ってくれる店は多いでしょう。

イタリア人グッチオ・グッチが創業した、後にグッチという名を冠するブランドは1921年に生まれ元々はフィレンツェの皮革工房でした。

世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。

今日では様々な商品を扱っており、例えばバッグや靴、財布といったレザーグッズから、服、香水、アクセサリー類、時計などに至るまで数多くの製品を世に送り出してきました。

品揃えの豊富さもこのブランドの持つ特徴の一つと言えるでしょう。

長い歴史を経てきましたが、平穏とは言い難いその流れの中で多くのデザイナーを排出しました。

高名な一人にトム・フォードがいます。

根強い人気を誇るそんなグッチの商品なら、買取店はどこでも歓迎するはずです。

手持ちのブランド品が、買取店の査定でどんな値段がつくのか気になるところですが高値がつく品物というのは基本的に、あくまで今現在、人気のある商品となっております。

数年前にとても人気があったという物でも、現在それ程でもない、むしろ古い感じがする、といった物に関しては、高額査定の可能性はほとんどあり得ません。

この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くことも珍しくはないのです。

あくまで基準は今の人気だということを頭に入れておくと、買取店の出す査定額に納得がいき易いのではないでしょうか。

買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ扱う傾向のあるお店では、使用感のある古めの製品、型落ちの製品などは、人気も需要もありませんから査定の対象にされず、取り扱いを断られる可能性が高いです。

こういうタイプの店で買い取りをしてもらえなかった商品を、それでもまだ買い取ってもらいたいなら、ギャランティカードなどの付属品が、何もないような状態のものでもつべこべ言わず、買い取りを引き受けてくれるお店を利用するのが良いでしょう。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、買取希望の商品を全部そのお店に任せたりせず、手間ではありますが、高額で売却できそうな物は他のところで売るようにするべきでしょう。

欲しかったブランド品を購入できると嬉しいですよね。

ところで買った時の箱や保管袋などは、どうされていますか。

ブランド買取店を利用することにした時にオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、お店の考え方やあるいはブランドがどこか、どういった商品であるのかにより、大きく買取価格に影響します。

箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。

なるべくなら廃棄処分はせず良い状態のまま保管しておき、後々役に立てましょう。

どうしても必要性を感じられないなら、ブランド品の箱や保存用の内袋は需要がありますので、ネットオークションを利用して売りに出してみたら買おうとする人は現れるでしょうし、試してみて損はないはずです。


ダイヤモンド買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのダイヤモンド買取業者なら/

ダイヤモンドの高価買取なら